a.k.a.Sakaki

The Web Portal of Sakaki

「動」の中に佇む「静」

5年前にも書いていますが、雪は何歳になっても良いものです。もちろん、この寒波で電車が立ち往生になったり、最初から身の安全を確保するのではなく「出社する態度は示す」という日本の伝統的な様式美に振り回されたりした方々においては気の毒なのですが…

Orwell の危機意識

経験は、観念世界への入口である。作品の持つ空間は、作家の具体的な生活の場から紡ぎ出される思索と感覚という縦横の糸で編み上げられている。そこには、現実との間に絶えず一定の「意識的距離」が保たれているが、ひとたびこの距離、謂わば経験と観念の落…

習作⑭

昨年12月を最後に絵を投稿していませんでした。駆け込みでの投稿です。なんとか年内に間に合いました(毎年1枚は最低限アップロードしたい)今回は8月末に投稿したラフを清書しました。強いてコンセプトを述べるなら「高めの温度感」でしょうか。「いつか…

閑話:2022年の振り返り

このブログを開設して5年が経過したことになります。記事総計181本なので、ペーストしては年に30本以上は書いている計算ですが、今年はセローを手放す羽目になったこともあり、20件少々しか記事を書けていません。開設当初は、所謂「自分史」を意図していた…

2022年紅葉狩り@三滝寺

11月末となってしまいましたが、秋の名残を探しに三滝寺までお散歩してきました。午前中まで雨が降っていたのとで、あまり期待はせず、三滝駅にて下車。…前言撤回。麓は色付き始めたところでした。今年は昨年と比べると少し遅め。秋の名残を…と考えていまし…

近況:秋の散歩

11月も半ば…。2022年は終わったも同然です。朝の吐く息は白くなり、木々も赤く染まりつつあり、舗装路は落葉で覆われています。普段のお散歩コースもまた違った姿を見せてくれます。夏が好きな人にとっては寂しいかもしれませんが、夏が苦手な自分にとっては…

近況:自室より⑪

10月の記事を書く余裕がないほど仕事シゴトの毎日です。変わったことと言えば、年齢が30歳から31歳に変わったことくらい。写真は「誕生日プレゼントではないプレゼント」ということで念を押されていただいた多肉植物です。久しぶりに育てますね、ハオルチア…

秋の足音@武田山の麓まで

2022年版の「秋の足音」です。今年は標準レンズではなく、F1.4 35mm のレンズを携えてのお散歩です。趣味は多い方だと自認しているのですが、基本的に家にいても何もすることがないので(絵を描けばいいものを)仕事をしてしまいます。外に連れ出してくれる…

ナイトサファリ2022@安佐動物園

安佐動物園で夜間開園をやっているということで、本日も声をかけられて行ってきました。そういえば、夜に動物園に訪れるのは初めての経験です。出るまでは強い雨が降っていたのでS-10にはお留守番をしてもらいましたが、到着すると雨があがっているではあり…

変化朝顔展@広島市植物公園

広島市植物公園で開催中の『変化朝顔展』まで撮影に行ってきました。ただ、自発的に…というわけではなく「一緒に行く?」という連絡が来たので、今回もOKの二つ返事で歩きに行きました。今回はいつものお散歩レンズと、マクロレンズの2本だけの軽装備で撮影…

近況:自室より⑩

やる気は起きませんが、何もせずインターネットの海に溺れる(=消費側に回る)ことには恐怖を感じるため、SNSへの投稿作品の制作に着手してみました。配信でもしようかなって考えています。どちらかというと「描きたいから」というよりも、負の感情を押し殺…

近況:自室より⑨

どうやら京都から広島に帰って来て1年が経過したようです。何度か別の記事でも書いていますが、この1年、のびのびできているので辞めて正解だったと思っています。「のびのびできている」というのは、前職の時に抱いていた虚無の感情が薄れた…という意味で…

我流・サラダ記念日

やはりバイクのない生活が続くと記事の更新は停滞気味です。せめて自転車でも…と思うところですが、生活費を工面することで精一杯で、とてもではありませんが余裕はありません。今月もクレジットカードを使いながら乗り切っています。

引っ越し奮闘記

仕事をしながら2週間かけ、段ボールを全てたたむことができました。人を呼べるようになったので、ひと先ずはホッとしているところです。5段のシェルフをもう一列追加したいと考えていますが、お金がないのでいつになるやら…。机の隣にも棚をと考えているの…

作品例:XF35mm F1.4 R@初夏の安芸の国

今回のテーマは「初夏の足音@宮島」です。彩度の高い緑色と、まだ彩度が若干低めの青色が本日のベース色になりそうです。あとは夏っぽいアイテムを探すような感じになりそうですね。やっぱりこのレンズは安心感があります。どんな撮影をするにあたっても必ず…